新作ヴァイオリンで弦楽四重奏

ちょっと珍しいイベントですね。
弦楽器店、名古屋クロサワヴァイオリンさんのご依頼で
本場イタリアの弦楽器製作者ステファノ・コニア氏の制作した
弦楽器4艇(ヴァイオリン2本、ヴィオラ、チェロ)
を演奏して音色を楽しむイベントに出演いたしました。
画像の説明

それぞれの楽器には名前がつけられていました。
「水」「火」「土」「気」
そのイメージのような音、例えば「火」は力強い音が鳴っており、
お客様のみならず、私たち奏者自身もとても刺激的なイベントになりました。

演奏曲は音色がわかりやすい曲を中心に

  • ハイドン作曲 弦楽四重奏曲「皇帝」より第2楽章
  • バッハ作曲 管弦楽組曲よりアリア
  • モーツァルト作曲 アイネ・クライネ・ナハトムジークより第1楽章
  • ヴィヴァルディ作曲 ヴァイオリン協奏曲「春」より第1楽章
  • サラサーテ作曲 ツィゴイネルワイゼン

などを選曲いたしました。

画像の説明
ステファノ氏(中央後方)と弦楽四重奏
左から松本一策、波馬朝光、関根のぞみ、景山奏

ありがとうございました。

スポンサーリンク